スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【桃のガレット】 5月の読書量

Jun-02-2011 桃のガレット



気が付けが、もう6月。早いものです。

ただでさえ連休が多いのに、もう少ししたら夏休みよ。。。
はやくサマーキャンプの計画を練らなくては!


さて、本日のパンは桃のガレット。

昨日作っておいたカスタードクリームを使って何を作ろうかな~と悩んで、
なんとなく思いついたのがこれ。

といっても、甘めのパン生地にカスタードクリームを絞って桃のスライスを乗せて焼いただけ。
焼きあげた後にアプリコットのジャムも塗ってあります。

じつは、生地が余ってしまったので、
これとは別に普通のクリームパンも作ったのですが、
子らったら、クリームパンには目もくれず。
朝から甘~いガレットを黙々と食べていました。

あたしの分は残るのかしら・・・・たぶん残らないでしょう(泣)


++++


さて、5月に読んだ本をご紹介です。
5月は気分が凹む傾向にあるので、ヘビーな本よりサクッと読めるライトな本が多いです。

長いので畳みます。
気が向いた方は「続きを読む」から見てくださいませ。


ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪





今回なかなかオモシロかったのは「ちょんまげぷりん」「白いへび眠る島」「雷桜」「小袖日記」。

ちなみに、

ちょんまげぷりんの著者が書いた「オケ老人」(以前に読んだ)も面白くて大好きだし、
「白いへび~」の三浦しをんさんの作品はどれも好き。
「雷桜」は、きれいな文章で、いちおうラブストーリーだけどサクッと読める感じが良かった。
源氏物語を軸にしている「小袖日記」は、毒舌主人公が光源氏を一刀両断している感じが新鮮で面白かったです。

それではどうぞ~。



5月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:6451ページ

雷桜 (角川文庫)雷桜 (角川文庫)
読了日:05月29日 著者:宇江佐 真理
白いへび眠る島白いへび眠る島
読了日:05月29日 著者:三浦 しをん
食堂かたつむり (ポプラ文庫)食堂かたつむり (ポプラ文庫)
読了日:05月27日 著者:小川 糸
涙そうそう (幻冬舎文庫)涙そうそう (幻冬舎文庫)
読了日:05月22日 著者:吉田 紀子,吉田 雄生
ちょんまげぷりん 2 (小学館文庫)ちょんまげぷりん 2 (小学館文庫)
読了日:05月21日 著者:荒木 源
ちょんまげぷりん (小学館文庫)ちょんまげぷりん (小学館文庫)
読了日:05月21日 著者:荒木 源
オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)
読了日:05月20日 著者:荻原 浩
プシュケの涙 (電撃文庫)プシュケの涙 (電撃文庫)
読了日:05月20日 著者:柴村 仁
別冊 図書館戦争〈2〉別冊 図書館戦争〈2〉
Ⅰ、Ⅱ続けて再読。いや、もう甘い、激甘です。何度読んでも赤面してしまうセリフがいっぱい。けっこう好きです。 これでシリーズ完結、寂しいですね。もう一度図書館戦争から読み返そうと思います。
読了日:05月17日 著者:有川 浩
別冊 図書館戦争〈1〉別冊 図書館戦争〈1〉
読了日:05月17日 著者:有川 浩
小袖日記 (文春文庫)小袖日記 (文春文庫)
読了日:05月15日 著者:柴田 よしき
プラハの春(上) (集英社文庫)プラハの春(上) (集英社文庫)
読了日:05月12日 著者:春江 一也
1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
いままでの作品とは趣が異なり、エンターテイメント性を含んでおり、さらには村上氏の筆力によってサラッと一気に読めてしまう今作品。ストーリー展開という面で見ると、意外と面白い。しかし、この作品のテーマが良く分からない。異世界ファンタジーなのか、オカルトなのか、家族愛なのか、純愛なのか。どれをとってみても中途半端なので、読後スッキリしない。オブラートに包んでなんとなくミステリアスに終わるのが村上作品と言われてしまえばそれで終わりなのだが、どうにも納得しがたい作品だった。
読了日:05月11日 著者:村上 春樹
1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
読了日:05月09日 著者:村上 春樹
1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
読了日:05月08日 著者:村上 春樹
GOSICKVII‐ゴシック・薔薇色の人生‐ (角川文庫)GOSICKVII‐ゴシック・薔薇色の人生‐ (角川文庫)
読了日:05月07日 著者:桜庭 一樹
沈黙の春沈黙の春
読了日:05月04日 著者:レイチェル カーソン
ネクロポリス 下 (朝日文庫)ネクロポリス 下 (朝日文庫)
読了日:05月01日 著者:恩田 陸

読書メーター





ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪





スポンサーサイト
[ 2011/06/02 23:45 ] 趣味の部屋 | TB(0) | CM(2)
No title
おおお、これめちゃくちゃ美味しそう!!!
こないだ教室で桃の話が出て、無性に桃系なものが食べたい今日このごろです(笑)
オロロ畑、わたしも詠みました。
おもしろいですよね、これ。
続編の「なかよし小鳩組」もけっこうイケましたよ。
「ちょんまげぷりん」、なんか気になる(笑)
[ 2011/06/02 19:30 ] [ 編集 ]
>あろあろ様
じつは、私も教室の時に出た「桃の話」で、桃が食べたくなったのです!考えることは同じですね~(笑)
桃のガレットは、甘酸っぱくて美味しかったです。あろあろさんなら簡単に作れてしまうと思いますので、ぜひお試しください~。

オロロ畑の続編があるのですか!? 読みたいです。ブックオフに探しに行ってきます。
ちょんまげぷりん、これはライトノベルっぽくてサクサク読めました。面白かったので、今度会う時にお貸しますョ~(^-^)

[ 2011/06/02 22:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。