スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

長女の問題

昨日、長女の学校での問題が発覚し、対応策をとるべく学校に乗り込んだわたし。
って、別に乗り込んだわけじゃないけどさ。
とにかく、放課後に先生とお話ししました。

昨日の夜から考えておいた原稿をずっと練習してたので、先生に伝えたいことを全部言えました!

長女のクラスは一応2-3年生クラス。
だけど、2年生は数人だけ。しかも男の子が7割くらい。
みんな長女よりはるかに体が大きく、
男の子が多いのでものすご~く騒がしい。

先生が言うには、クラスは騒がしくてとんでもないことになっているらしい。
先生も苦労してるのね・・・と思いつつも、

「長女のことはちゃんと見ていて!!!」

と、しっかりアピール(^-^)v

先生も長女の気持ちを分かってくれて、今後対処してくれるそうです。
よかった~~~。
ホッとしてます。。。

長女も安心したのか、笑顔で先生に「Bye-bye」と言えました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、英語の上達に関して。

お友達に協力してもらうことに。(ありがとう!!!)
ということで、早速今日から少しずつ教えててもらうことに。

・・・子どもだけじゃなくて私にも勉強になる!

カナダに来てから思ってたけど、
英語で話す日常会話って、中学・高校時代に勉強した英語や本に載ってる英語とはぜんぜん違うような気がする。
ボキャブラリーの量の問題は置いておいて、文法なんか高校時代に覚えた難しい文法や構文なんて使ってないんじゃないのかな???
聞いたことない。。。
いや、聞き取れてないだけかも・・・

とにかく、「これが生の英語か~」って、ちょっと感動しております。

子ども達に負けないように(もう負けてるけど)
私も努力しなくては~。

スポンサーサイト
[ 2007/09/28 15:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。