スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちはやぶる。 次女 vs...

次女が百人一首に興味を抱いたらしい。

もともとアニメや漫画で知っていたということもあるけれど、
補習校のランチタイムに遊びでやっていたら、面白くなってきたというのです。

そういえば、4~5年ほど前に私自身が「うた恋。」にハマって、百人一首を覚えていたなぁ。
で、そのついでに百人一首を日本で買ってきていたような。

百人一首

次女、わたしの部屋から百人一首をひっぱり出してきてオットと長女に「やろうよ~!やろうよ~!1回だけでいいから~!」とねだりまくり、渋々承諾させていましたョ。
で、(無理やり)約束を取り付けた後は、

「武士に二言はないよね。」

と脅しをかけていました。

「武士じゃねーし!」 by オット
「いやいや、武士じゃないから!」 by 長女

ふたりの突っ込みが見事にハモッたわね。

その後、一人を読み手に次女との白熱戦が繰り広げられていましたが、
みんな、歌を覚えていないから遅いのなんのって(笑)
下の句まで読み終えてもなかなか見つからないったらありゃしない。

ま、気分だけでも競技かるたってことでいいじゃない?的な乗りだったのだけど、
なぜか在原業平の歌になると
「ちはやぶる・・・」と言い始めただけで、双方ともに


「はいやーーーーーっ!」 (バシン!バシン! ←床を叩く音)


何の格闘技よ?カンフーか(笑)

漫画・アニメ・ドラマの影響もあってか、みんな在原業平の歌だけは譲れないらしい。
百首もあって、上の句を歌っている間に取ったのって、これ一首だけでしたョ(笑)

ちなみに、「次女 vs. オット」、「次女 vs. 長女」ともに、
激戦の末、僅差で次女の勝利となりました。
しかしまぁ、わずか3枚差ということもあって、超負けず嫌いの次女はふに落ちない顔をしていましたが。

古典とか日本史好きの私としては、
たとえカナダ育ちであったとしても、有名どころの歌だけでも覚えてほしいところよね。
まぁ、興味がないとこの手の歌って覚えられないけど。
好きな歌だけ覚えておけばいいんじゃないのー?って次女にアドバイスしてみたわ。
スポンサーサイト
[ 2017/03/06 04:13 ] 日々のつぶやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。