フルートの修理がようやく終了しました。

マイ フルート

修理とクリーニングが終わってピカピカになった my flute
音もきれいになって幸せです。

がしかし、このフルートが手元に戻ってくるまでに試練がありましたよ。


++++++


昨年末の12月26日。
愛用のフルートのリペアとクリーニングを楽器屋さんにお願いしました。

1か月ほどで出来上がるとの事だったので、
普段の練習は初代フルートでやればいいか~と軽く考えていた私がバカだった。。。

ちなみに、
この楽器屋さんはモントリオールには工房はないとのこと。
なのでトロントまで送って修理してもらうとのことでした。

で、待てども待てども連絡は来ず。

大事な愛器だし、楽器は高額だし、不安でいてもたってもいられず。
電話で問い合わせせること5回以上。お店まで行って確認してもらっても、

「トロントにまだあるって。待っていればいいんじゃない。」

もう2か月も待ってるし!
この面倒くさそうな”暖簾に腕押し”な対応が腹立つーーー!

最終的にはこの数日後にようやく連絡が来て、

「トロントであなたの楽器を預かっていますが、修理しますか?」

だって。

・・・・・まだ修理してなかったの?ずっと待ってたんだけど!


ふだん他人にはあまり文句を言わない私には珍しく、電話をしてくれたお兄さんがちょっと引くくらい嫌味を言って、「すぐに修理お願いします!!!」って電話を切りましたよ。
(これくらいの文句は許してほしいわ。。。)

その後20日ほどして、ようやく修理が終わりモントリオールに楽器が返ってきたと連絡を受けた時はテンションあがりました。
すぐにお店まで受け取りに行きました。

はぁ....3ヶ月弱もかかったわね。
修理代金はまぁ良心的だったけれど。
これだけいい加減な対応されると、次回はないわね。
もっといい楽器屋さんを見つけようと思います。
スポンサーサイト
[ 2017/03/11 15:43 ] 日々のつぶやき | TB(0) | CM(0)

ちはやぶる。 次女 vs...

次女が百人一首に興味を抱いたらしい。

もともとアニメや漫画で知っていたということもあるけれど、
補習校のランチタイムに遊びでやっていたら、面白くなってきたというのです。

そういえば、4~5年ほど前に私自身が「うた恋。」にハマって、百人一首を覚えていたなぁ。
で、そのついでに百人一首を日本で買ってきていたような。

百人一首

次女、わたしの部屋から百人一首をひっぱり出してきてオットと長女に「やろうよ~!やろうよ~!1回だけでいいから~!」とねだりまくり、渋々承諾させていましたョ。
で、(無理やり)約束を取り付けた後は、

「武士に二言はないよね。」

と脅しをかけていました。

「武士じゃねーし!」 by オット
「いやいや、武士じゃないから!」 by 長女

ふたりの突っ込みが見事にハモッたわね。

その後、一人を読み手に次女との白熱戦が繰り広げられていましたが、
みんな、歌を覚えていないから遅いのなんのって(笑)
下の句まで読み終えてもなかなか見つからないったらありゃしない。

ま、気分だけでも競技かるたってことでいいじゃない?的な乗りだったのだけど、
なぜか在原業平の歌になると
「ちはやぶる・・・」と言い始めただけで、双方ともに


「はいやーーーーーっ!」 (バシン!バシン! ←床を叩く音)


何の格闘技よ?カンフーか(笑)

漫画・アニメ・ドラマの影響もあってか、みんな在原業平の歌だけは譲れないらしい。
百首もあって、上の句を歌っている間に取ったのって、これ一首だけでしたョ(笑)

ちなみに、「次女 vs. オット」、「次女 vs. 長女」ともに、
激戦の末、僅差で次女の勝利となりました。
しかしまぁ、わずか3枚差ということもあって、超負けず嫌いの次女はふに落ちない顔をしていましたが。

古典とか日本史好きの私としては、
たとえカナダ育ちであったとしても、有名どころの歌だけでも覚えてほしいところよね。
まぁ、興味がないとこの手の歌って覚えられないけど。
好きな歌だけ覚えておけばいいんじゃないのー?って次女にアドバイスしてみたわ。
[ 2017/03/06 04:13 ] 日々のつぶやき | TB(0) | CM(0)

東京ばな奈? 否!BANANAまんじゅうです。

韓国人の学生A君から、とあるお菓子をもらいました。

A君いわく、
「韓国で売っている日本の有名なお菓子」
とのことらしく、パッケージを一見すると、まさしく東京ばな奈

おおっ!モントリオールの地で東京ばな奈にお目にかかるとは!

期待に胸躍らせ、箱を開け個包装を手に取ったところで、なんだか違和感が...

Bananaまんじゅう

・・・これは、

東京ばな奈にあらず! BANANAまんじゅうです。

ふわっとしたカステラ生地ではなく、薄いしっとりした外側の生地。
中にはまさしくバナナを主張しまくった黄身餡のようなものが詰まっております。

「東京ばな奈」を想定して食べると違和感しかありませんが、
「ばなな饅頭」と思って食べると、結構イケます。

ていうか、売り出し方に問題があると思うのよ。
めちゃくちゃ東京ばな奈と混同しやすいじゃん。

そんなわけで、今日もあたしはお八つに「Bananaまんじゅう」をいただきました。




[ 2017/03/02 03:42 ] 日々のつぶやき | TB(0) | CM(0)

日本の物資、再び。

先日、次女の誕生日がありましたが、
1日遅れで、日本にいる実家の母から次女に電話があり

「次女ちゃん、お誕生日だからプレゼント何がいい~?」

と、聞かれたそうな。

で、次女の答えは

「納豆 と うまい棒。」

そんなアホな?!

しかし、次女と実家の母は本気だった...

NATTO

段ボール(大)にぎっしり詰め込まれた納豆群。
しかもメーカーや味の種類が豊富にて、

次女 「めっちゃ、いろんな味と種類がある!!!食べたことないのあるし!やったー!」

めちゃくちゃ喜んでマス。
誕生日プレゼントが納豆...???
でも、喜んでるし...イイのかな?良いんだよね。

で、段ボール2箱目にも、これまたいろいろ詰め込まれておりましたが、
さっそく次女がニヤニヤしながら↓を開封。

柿ピー梅しそ味

柿ピー梅しそ味

柿ピーを食べた次女がひと言。

「神ってる。」

だから、次女はどこでそんな言葉を覚えてくるんだろう???
おそらく意訳は「マジ旨い」っていうことなんだろうけど。

で、年齢の割にはずいぶんとお子様なリクエストを実家の母にしていた次女でしたが、
他にも色々送ってもらっていました。

本などなど

最近学校のクラブで手話(フランス語)を習っている次女ですが、
結構おもしろいらしくツボにはまり、日本語の手話まで勉強し始めるそうです。
おまけに、オペラ大好きな長女は「ちゃんと理解できるようになりたい。」と自らドイツをボチボチと勉強し始めています。

・・・娘たちがどんどんハイスペックになっていって、フランス語はおろか英語でさえ怪しい母は肩身がせまいョ。

しかし、あたしはゴーイング・マイウェイである。
娘たちの真面目な本に紛れ込ませて、小説を注文~。
あたしは日本語オンリーで。



[ 2017/02/25 08:26 ] 日々のつぶやき | TB(0) | CM(0)

祝15 と 失われた10年

Le Gateau au Fromage frais

先週、次女が15歳になりました。

あれ?15歳になったんだっけ?
なんか、身長だけなら私と同じくらいあるから、てっきり16~17歳くらいになったと思っていたんだけど。
まぁ、そんなわけで、週末の昨日にお祝いしました。

毎年恒例となっていた次女バースデイのチーズケーキ。
いつもは手作りをしていたのだけど、今年は忙しさも相まって、お店で買ってきました。

Première Moisson の Gâteau au fromage と Opéra

チーズケーキ大好きな次女、たらふく夕食を食べた後にもかかわらず喜んで食べてましたョ。
私はこのお店のオペラが大好きなので、言わずもがな。
体重1Kg↑は必須か...


   +++++++


さて、話はケーキ前にさかのぼって夕食時。
次女の誕生日は、いつも次女の要望により「餃子」と決まっていたのですが、
今年は都合よく(?)家のスモークアラームの電池が切れるという事態が発生し、これ幸いとばかりに、お家焼き肉に変更。

ていうか、カナダに来て初めてだよ。家の中でホットプレート使ったの!

バンクーバー時代も、無駄に敏感すぎるセンサーがあったばかりに、家でホットプレートなどを使おうものなら、すぐに消防車が飛んでくるという事態が発生しかねなかったし、
今のお家も、階下に住むオーナーのマダムが色々と目を光らせているだけに、滅多なことでは冒険も出来やしない。
そんなわけで、電池を交換する前に、焼き肉だー!と(オットが)暴走しました。

Boulgogi au Boeuf

以前から、美味しいという評判だけは聞きつつも買ったことのなかったコスコのプルコギ肉。
初トライです。

Boulgogi au Bouef

おおっ!プルコギ美味しい。
評判はまことであった。

が、しかし。

カナダにきてもう10年。
焼き肉なんて、日本に一時帰国した数回くらいしか食べてなかったから、濃いのなんのって...

まだ20代であったカナダに来る前は、これでもかーっていうほど食べられたお肉が、
食べたいのに、食道が受け付けないとか。ありえん。。。
この10年で私の体に何が起こった!?
って呟いたら、隣で同じくお肉を食べていたオットがシンプルに答えてくれましたよ。

「老いだよ....」

・・・・・・・・What?

老い、加齢...

ゥェ──。o゚(p´□`q)゚o 。──ン!!

大好きな焼肉を10年も食べないうちに、体が勝手に受け付けなくなっていたとは。
悲しすぎて落ち込みましたよ。

で、自分の加齢現象に落ち込みつつも、食後のケーキを食べながら、

「あー、食道をサッパリさせるために、柚子シャーベットが食べたい。」

と言い放っている私に、娘たちはニヤリと笑っていたのである。
くそぅ、自分たちがまだピチピチだからって...





[ 2017/02/19 07:38 ] 日々のつぶやき | TB(0) | CM(0)